保育園を増やすには保育士の給料を上げる必要がある

  • 保育園の求人情報を探すには

    • 保育園には、大きく分けて「認可保育所」と「無認可保育所」とがあります。認可保育所は、一般的には認可保育園と呼ばれています。名乗るためにはいくつか所定の基準を満たす必要があり、なおかつ国や自治体から許認可を受けた保育所でなければなりません。


      具体的には子どもの人数に対する保育士の人員数や保育園内の設備、またその内容などについて細かく定められています。やりがいのある仕事の半面、体力や責任感が常に求められ、仕事が続かない人もいるようです。

      雑誌やインターネットの求人サイトなど、様々なデバイスでメディアを活用した保育士の募集が行われています。



      処遇面などは、保育園の規模や事業形態などで違いがあります。



      認可保育所は公立と私立に分かれており、公立の場合には保育士は公務員の扱いです。
      私立のほうはそれぞれのカラーがあるため、求人活動する際にはしっかりと確認する必要があります。

      保育士の就職が一般的になってきました。

      私立の場合は、受け入れの預り時間を延長している場合が多いようです。


      もうひとつの無認可保育所は認可外保育所とも呼ばれ、所定の基準を満たさず、国や自治体の許認可を受けていません。その運営元の多くは民間企業や事業所、もしくは個人によるものです。

      子どもを預ける側にも、所定の条件をクリアしていないという割合も一定数あるため、高い需要があります。
      また時間や細かな依頼など、融通が利きやすいこともあり、重宝されています。
      保育料に関しては、無認可保育所の場合は運営側の裁量により自由に決められるため、認可保育所より高額になっているところが多くなっています。


      求人応募の際には、前もって情報提供してくれるところを選ぶと安心です。