保育園を増やすには保育士の給料を上げる必要がある

  • 保育園で採用されるには

    • 保育士の資格を持っている場合、児童養護施設や乳児院、保育園などで仕事をすることができます。



      保育園で採用されるには市立の場合は年齢制限があり、公務員の試験に合格しなくてはなりません。
      私立の場合は、園独自の試験があり、面接や実技などを行います。

      私立保育園に採用されるには、保育実習の際に就職したい園にて行うと良いでしょう。保育園によっては、実習をしないと試験を受けることができないところもあります。



      これは、事前に保育園の様子や仕事内容を把握するうえで必要で、試験を受ける側も先生方の雰囲気をつかむことができますし、園側もどのような人物なのか把握することができます。

      保育士はまず、子供が好きだという気持ちが大切ですが、それだけでは仕事をする上で不十分です。
      保育士の仕事は子どもと遊ぶだけではありません。


      悩んでいる保護者の相談にのり、アドバイスをしたり、子供たちの様子を観察し、家庭で問題が起きていないかチェックをしたり、教材研究や行事の準備、清掃、職員会、係り会などを行ったりと様々なことをこなさないとなりません。

      子供がお昼寝をしている間に連絡帳などを書くこともあります。
      そのため、幅広い知識と、コミュニケーション能力がとても大切になります。


      保育士として採用されるには、人とコミュニケーションをとることが得意、ということをアピールすると印象が良くなります。

      保育士の就職の情報探しををお手伝いします。

      子供が好きという理由は誰でも当てはまることなので、一歩深めた内容を話すと良いでしょう。