保育園を増やすには保育士の給料を上げる必要がある

  • 保育士になるために試験を受けるという選択

    • 保育士として働くためには、子供が好きという理由だけでなく、きちんと免許を取得する必要があります。


      保育士の免許は専門の養成学校に通い、そこで知識や技術を学ぶ事により取得する事が可能です。



      ですが経済的な理由等で、専門の養成学校に通えない場合には、国家試験を受験して合格する事により、資格を得る事も出来ます。
      保育士の国家試験は、年に1回、都道府県で行われており、日程や内容は全国で統一されているのです。
      お陰で1年に1度しか合格し、資格を得るチャンスはありません。
      試験内容としては、筆記と実技の2つに分かれており、まずは一次として筆記を受ける事になります。

      保育士の就職に関してお困りですか。

      筆記の内容としては、全ての科目で5択のマークシート方式となっており、どの科目でも6割以上が合格圏内となるケースが多いです。
      そして一次の筆記に合格した人が、実技を受ける事になりますが、実技も凡そ6割以上に正解する事が、合格圏内となります。
      国家資格を取得可能な試験であるだけに、合格率はかなり低く、毎年10パーセント前後の合格率となっているのです。
      なので難易度としては高めであるため、合格を勝ち取るには、参考書や過去の問題集を利用する等して、効率良く勉強する必要があります。しかも科目によっては、かなり細かい部分まで知識を問われる事になるので、勉強時間も多く費やす必要があるのです。



      なので保育士になるという目標を達成したいなら、専門の養成学校に通う方が近道となる可能性が高いと言えます。
      ただし保育士の国家試験は、社会人として働きながらコツコツと勉強して、資格を得る事も可能な点は魅力的です。